シューマン共振と5Gの関係

567ウイルスを考えてみようで5Gの影響を書きました。

5Gをもっと深く書いてみました。
少し難しいと思いますが何度も読み返ししてください。

理解できると思っております。

シューマン共振とは

シューマン共振とは何ですか?

すべての生物は電磁波と相互作用して相互接続し、地球のすべての住民は、地球の大気中のシューマン共振と呼ばれる低周波に共鳴する元の地球ベースのDNAの記憶を持っています。

シューマン共振は、地球の電磁場の極低周波(ELF)部分にある一連のスペクトル・ピークです。

これは、これらのパルスが惑星の心拍リズムであると言っているのと似ています。

このため、ほとんどの人は、7.83 Hzなどの非常に低い周波数のこれらの範囲によって刺激されている個人の生体神経学を通じてこれらの電磁信号の波を伝導することに非常にオープンです。

これは、地球上のこれらの波の基本範囲の測定として知られるようになりました。

この範囲の低周波は、アルファ状態またはシータ状態でリラックスしたときに、一般的に人間の脳で生成されます。

人工的または自然に生成された極低周波または電波は、人体でこれらの同じ周波数と位相を合わせることができ、脳波と意識状態にさらに影響を与える人間の電磁信号とDNA信号に一連の影響を及ぼします。 


記録された歴史の中で初めて、シューマン共振は36+の周波数に達して、50Hzに近づく最大スパイクレベルに向かっています。

このスパイクが地球の地磁気にどのように影響して、これが人体にどのように根本的に影響するかについての公に提供された情報はありません。

地磁気によって生じる磁場を地球磁場という。

2014年、シューマン共振周波数が通常の7.83 Hz周波数を超える2次および3次高調波である約15〜24 Hzレベルに上昇したとき、それは地球に発生していた奇妙な異常と見なされました。

4Gの展開時期です。

地球の周波数は加速しており、これは人間の脳のすべての機能に大きな影響を与えるだけでなく、心拍数や呼吸リズムにも影響を与えます。

ミリ波が細胞を傷つけ、様々な症状を起こす、

567で出てくると言われる症状は、​​電波毒によるものだと

567ウ〇ルスと電波病の症状は一緒

1)味覚と嗅覚の喪失​
2)​​脳卒中と発作
​3)​「泡吹き」と皮膚の電気的感覚 ​
4)皮膚の灼熱感
5)​めまい、頭痛、意識障害
6)心臓の問題と心臓発作
7)​心臓破裂
8)​男性の睾丸へのダメージ
​9)​血液の凝固
​​10)鳥は空から落ち、地面を歩けない
​11)​子供たちの発疹、胃腸問題、心停止

​567ウイ〇スとは、
体内の傷ついた様々な細胞を排出させる働きを持つ、体内ウ〇ルスのエキソソームである。

電磁波のUpdateごとに人の免疫が弱められていったのです。

1914-1918 WW1(ラジオ無線開始) スペイン風邪
1979 1G インフルエンザ
1991 2G コレラ
1998 3G インフルエンザ
2009 4G 豚インフル
2019 5G コロナ(*)
*クルーズ船に5G/病院(中国/武漢)に5G/主要都市に5G/空港に5G
​​もうすぐやってくる5G自動運転5Gの基地局から簡単に​60GHzに変換。

シューマン周波数はこれらの連続する磁気スパイクイベントによって急速に加速するため、この加速は時間と空間識失調の一因となります。

無線技術、特に携帯電話のようにシューマン共振に近い周波数でパルス化されるマイクロ波の出現により、別の問題が浮上しています。

人間は文字通り自然そのものと調和していない環境を作り出しています。

そして、この時点で、私たちを取り巻く磁場と電磁場の最も微妙な変化に、生きているすべてのものがどのように反応するかを理解することが緊急に必要です。

たとえば、細胞内のマグネタイト結晶と環境内の多くの人工および人工磁場との間の可能な相互作用を調べる必要があります。

自然信号と人工信号の間の生体適合性に関する独立した研究が大いに必要とされています。

シューマン共振の潜在的な重要性と人工のパルス周波数によってもたらされる危険性を結び付けることにより、生体適合性信号を使用して新しい技術に電力を供給する方法を見つけない限り、これまで遭遇しなかった危険にすべての生命をさらす可能性があることが明らかになります。

この近視眼には高い代償を払わなければならないかもしれません。

意識と生命そのものの中心となる可能性のある自然界の振動の重要性を見逃さないように、大気中の定在波の生物学的役割の可能性に真剣に注意を払う必要があります。

:携帯電話で使用される周波数の激しい反対者である故ニール・チェリー博士は、彼の出版物「シューマン共振」でシューマン共振の重要性にも焦点を当てています。

故ニール・チェリー博士も〇殺されて出版物は一切消されました。

これは、太陽/地磁気活動の人間の健康への影響のもっともらしい生物物理学的メカニズムです。
‘(2002)、および’ヒューマンインテリジェンス:脳、シューマン共振信号によって同期された電磁システム ‘(2003)。

シューマン共振と5G

 

我々は多量の電磁波を浴びている

我々は日々、さまざまな電磁波を浴びている。

自然由来の電磁波もあれば、人工的な電磁波もある。

前者には、太陽光、雷、シューマン共振などがある。

我々が可視光線域で認識している太陽光は、地球の外から降り注ぎ、この世界に生命を誕生させる源であり、我々にとって不可欠な電磁波である。

雷は、地上における電磁波の源で、雲と雲との間、あるいは雲と地上との間の放電現象によって光と音を発生させる。

また、シューマン共振は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射を繰り返し、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致した定在波で、周波数は約7.8Hzである。

そのエネルギー源は雷の放電や太陽風による電離層の震動だと考えられている。

電気が普及するようになった19世紀後半まで、電磁波の源といえば、これらが主だったものだった。

だが、我々はものの百数十年で地球環境を変化させて、人工的な電磁波を爆発的に増やしてきた。

上空だけでもたくさんの人工衛星が地球を周回しており、その約2000機が稼働中といわれ、GPSやテレビ、携帯電話、気象観測、気象操作、軍事目的等で電磁波(電波)を発生(あるいは反射)させているが、地上では電磁波の発生源は無数にある。

テレビ・ラジオの送信所や携帯電話の基地局からの電波や、高圧線が発する電磁波だけでなく、職場や家庭において多くの電化製品がさまざまなレベルで電磁波を発生させている。

高圧線や家庭用コージェネレーションシステムが生み出す低周波の電磁波など、健康への悪影響は数多く報告されているが、個人的に体験しない限り、多くの人は無頓着でいる。

電磁波が雲や霧のようなものとして可視化できれば良いのだが、残念ながらそのようにはいかない。

わずか百数十年の間に、身の回りに数えきれないほどの電磁波発生源を抱え込むことになった我々は、もはやどの発生源がどの程度自分の健康に悪影響をもたらしているのか、判断することはほぼ不可能になっているといえるだろう。

実際のところ、ヒトの健康には、生活環境や食事・睡眠・運動を含めた生活習慣、思考習慣など、さまざまな要素が複雑に関係してくる。

基本、抵抗力の弱い一部の人々だけが、電磁波の影響を敏感に受け、体調不良や病気に至る可能性はあると考えられるが、もともと抵抗力が弱かったのか、不相応な環境や習慣から抵抗力を失ってきたのか、特定の電磁波源から影響を受け続けたから抵抗力を失ってきたのか、そのあたりの判断も難しい。

電磁波過敏症の人々がやるせない思いをするのも、そんな事情があるからだと思われる。

 

通信インフラ5G普及に潜む健康リスク

だが、我々はますます多くの電磁波をどこからともなく浴びる傾向にある。

電話やインターネットは、有線から無線へと向かい、家電も連携させるIoT(モノのインターネット)の時代を迎えつつあるのだ。

そして、将来的に一部の人々だけでなく、大半の人々が人工的な電磁波の影響で体調不良に至る可能性もゼロとはいいきれない。

例えば、近く携帯電話業界では通信インフラを第五世代移動通信システム、いわゆる5Gに世代交代させる予定になっている。

5Gにおいては、通信速度を高速化させるために、これまでより高い周波数帯(6GHz以上)のマイクロ波が利用される。

だが、周波数が高くなると、電波を遠くまで伝えることが難しくなり、多数の小型基地局(マイクロセル)をおよそ100メートルごとに設置する必要があるといわれている(支柱にアンテナと電源装置を設置する)。

また、物理的な障害物にも影響を受けやすく、これまで以上に出力を上げる必要性もある。

そんなことがあるためか、アメリカでは各地で5G普及に対する反対運動が繰り広げられている。

それは議会でも論じられるに至っているが、アメリカに限らず、ヨーロッパやオーストラリアでも似たような状況にある。

5G電波による体調不良の原因は明確にされていないが、これまで以上に波長の短い電波が高出力で発せられることで、生物体内への侵襲性が高まるためと思われる。

5Gにおいては、これまで使用してきた周波数帯に加えて、24~39GHzもの周波数帯が利用される。

39GHzの周波数に対応する波長は約8ミリ、6GHzの場合は5センチ、2GHzの場合は15センチである。波長15センチの電磁波よりも、波長8ミリの電磁波のほうが物体内部への侵襲性が高まる。

例えば、体長2センチの生物に、波長15センチの電磁波を照射すると、外側に影響は与えても、内部にまで影響を与えることは難しい。

だが、波長2センチ以下の電磁波を照射すれば、内部にまで伝わる可能性が高くなるのだ。

実際にミツバチに対して2GHz、6GHz、24GHzという、まさに携帯電波を照射する比較実験が行われているが、その結果、24GHzの電磁波(波長12.5ミリ)を照射した場合、体内までほぼ完全に伝わることがわかっている。

ミツバチに限らず、12.5ミリよりもサイズの大きな昆虫は数多く存在する。

いずれ、5Gネットワークは全世界に張り巡らされる予定であるが、昆虫たちにどのような影響が出るのか、不安を抱く専門家も少なくない。

現に死んでいる

ミツバチはすでにネオニコチノイド系農薬が原因と思われる大量死が問題視されてきたが、さらに5G電波の攻撃に遭えば、花粉媒介者としての役目を果たせなくなるかもしれない。

同様に、他の花粉媒介者たちも影響を受ける可能性があり、農作物の収量低下といったレベルを超えて、生存すら危ぶまれる植物も出てくるやもしれない。

これは、生態系を崩し、最終的に人類の未来に影を落としかねない。

ここまでの影響は、過剰な心配と思われるかもしれないが、すでに問題が指摘されてきている以上、まずはその問題と向き合い、ヒトだけでなく、さまざまな生物への影響度を調べていくことが先決である。

国(地域)によって使用される周波数帯がいくらか異なるため、日本ではそれほど問題が出ないかもしれない。だが、それにしても、日本ではまったくといっていいほど、5Gへの移行による利点しか話題とされていないことに違和感を覚えるのは筆者だけであろうか。

もともと我々の体は地球とリズムを合わせている。

朝明るくなると目を覚まし、夜暗くなると眠る。

このリズムを乱すと健康を崩しやすい。

また、人間の脳波は奇しくもシューマン共振の周波数とかぶり、リズムを共有している。

地上の野生生物が日々同じリズムを維持しているように、我々も自然体でいれば、自ずと地球とリズムを同調させる。

かつてはそうだった。

だが、現代人は長時間に及んでイヤホンやヘッドフォンを直接身に着け、直接の振動源である電車や自動車の中で過ごす。

そして、パソコンやスマホを至近距離で利用し、人工の照明を浴び、さまざまなノイズを聞く。

ますます本来の地球のリズムとは異なるリズムに自らを合わせようとしている。

そんな現状を考えれば、現代人が原因不明な病気に陥りがちなのは当たり前のようにも思える。

裸足で大地に立つと、身体はアースされ、直接的に地球のリズムが身体に伝わり(取り戻し)、他の人工的な要素による影響を少なくできる。

これが一つの健康法になりうるほど、ヒトは自然との同調を失ってきたのだ。

5Gへの移行を機に、我々はもっと基本的なことについて考え直すべきなのではなかろうか。

海外では、鳥の大量死・像・ねずみや昆虫が〇亡しています。

渋谷でのカラスや鳩が〇亡しています。

運用が本格化すると次は私たち人が死〇していきますよ!

まとめ

シューマン共振7.83HZ 超低周波パルスジェネレータ オーディオレゾネータを使用するのもいいかもわかりません。

•呼吸法と身体のリラックスを可能な限り深くします。

心をリラックスさせ、体をリラックスさせ、エネルギーがあなたの中を移動するのを許して、それが背骨を上ってあなたの管から螺旋状に移動するのを視覚化します。

•可能な限り今の瞬間に存在し続け、次の手順で心の静けさに取り組みます。

オブザーバーポイントに留まるために、オブザーバー、識別、受け入れ、ニュートラル。

恐怖から離れて結果をコントロールすることからあなたの心を明確にして、焦点を合わせ直してください。

•食べたり飲んだりするものに気を配り、旬の食材と発酵食品・植物性中心の食事を食べましょう。

体は消化するために一生懸命働かなければならないので、注意を払い、体が本当に食べたいものに耳を傾けてください。

•水分を補給して水に浸すか、塩浴をします。
お風呂で調子を整え、瞑想し、歌うことは非常に役立ちます。

•静かな時間を過ごし、休息を取り、感情的に演劇的で、操作し、制御している人々や状況から離れてください。

これらの傾向に従事していることを忘れないでください。

自分の生活の中で、より調和、平和、バランスを見つけるように努めてください。

•アセンションを研究して、同じことを理解し、経験した人々に情報を提供し、話し、コミュニケーションを取ります。これは人間が霊的な目覚めをするのは正常であり、多くの人々があなたとまったく同じことを経験していることを知ってください。

•体が収縮していると感じた場合は、身体活動またはストレッチを行って、体がより開いてリラックスできるようにします。

自然の中にいる、またはペットと一緒に歩く、穏やかな動き、またはヨガやマッサージプロセス。
裸足で放電すること。

•深刻な虐待やトラウマを経験した場合は、資格のある、または信頼できる個人が保持する機密スペースでトラウマを安全に解放することを目的として、治療またはカウンセリングが役立つ場合があります。

経験豊富で思いやりがあり、精神的な方向性を癒しのプロセスの動機とサポートとして理解しているセラピストとともに、トラウマに関連する問題を解放することに焦点を当てます。

-健康維持関連

関連記事

健康維持にお風呂に入りましょう

日本のお風呂は弥生時代からはじまったようです。 そのころ古代ギリシャでは、巨大な共同浴場が建設されていたそうです。 紀元前三世紀頃には、ボイラーによる熱気浴や高温室はもちろん、熱気を床下に送り込む「床 …

発酵食品が体に悪い人もいる?

発酵食品が体に悪い人もいる? 小腸の病気「SIBO」は、発酵食品はダメ 「Small Intestinal Bacterial Overgrowth」の略 シーボと読みます 「小腸内細菌増殖症」という …

高血圧に良い食べ物レシピ

目次0.1 高血圧と塩分0.2 高血圧と自律神経の関係0.3 塩分と高血圧の関係0.4 販売されている塩0.5 ミネラル不足で起きる症状0.6 減塩信仰からの過度の塩抜き食1 関連記事 高血圧と塩分 …

567ウイルスを考えてみよう。

  重複部分もございますが是非最後までお読みくださいませ! またシューマン共振をお読みいただくともっと理解できると思います。   各都道府県情報開示567は存在しない! &nbsp …

次亜塩素酸水で加湿器空間除菌ウイルスに効果ある?

次亜塩素酸水を加湿器に入れて空間除菌しましょう。   〇次亜塩素酸水は3つに分類されます 液体中に含まれる有効塩素濃度の割合やpH値によって次亜塩素酸水は3つに分類されます。(pHは0~14まであり、 …