消化酵素と酵素の関係

消化酵素と酵素の関係?

酵素とは、消化酵素・代謝酵素・食物酵素があります。

体内で作られる潜在酵素は、大きく分けると、「消化酵素」と「代謝酵素」になります。

まず消化酵素

消化酵素の働き

唾液の中に含まれているアミラーゼは、デンプンをブドウ糖に分解(アミラーゼ)します。

昔からよく咀嚼しなさいねと、お祖母ちゃんに言われました。

よく噛むことで口の中で1次消化されます。

胃での消化が軽減できる。

タンパク質分解酵素⇒ペプシン・トリプシン・アミノペプチダーゼ

炭水化物分解酵素⇒アミラーゼ・マルターゼ・スクラーゼ

脂肪分解酵素⇒リパーゼ
消化酵素を無駄使いしないためにも、食物酵素を食事に取り入れることが大切です。

|代謝酵素の働き

新陳代謝
吸収された栄養をを体中の細胞に届けて、有効に働く手助けをする

有害物質の排泄
毒素を汗や尿の中に排出する。

自然治癒力
体の悪い部分を修復して、治す働きがある。

免疫力を高める。

ポイント
3回の食事の時に、生野菜や酵素ドリンク・発酵食品を食べることで消化を助けてもらえるので酵素を食べることが必須になります。
消化に酵素を使ってしまうと、代謝酵素がおろそかになり 肥満や病気になりやすい。

|食物酵素の働き

体の外にある酵素があります。

加熱されてない生の食べ物や、発酵食品には酵素が存在します。
その食物酵素の含まれた食べ物を、加熱された食品と一緒に食べると、消化が助けらるということです。

|食物酵素が含まれている食品

生の食べ物 → 野菜、果物、生の肉・サシミなど。
発酵食品  → みそ、納豆、ぬか漬け・本枯れ節などです。

日本人は、腸が欧米人の倍の長さがあるので、ヨーグルトは省いています。

このように、酵素不足が引き起こす原因には、食べ過ぎや、加熱調理されたものばかりを食べるようになった現代食。

加熱調理された食べ物には、酵素は存在しません。

そのために、体のほうですべて、自前で消化するために酵素を作らなければなりません。

ところが、食べ過ぎや、病気・加齢などで酵素をつくる力が弱くなっている人は、酵素を作るのが追いつかなくなります。

食べたものが十分に分解されないまま、体の中を漂い未消化として脂肪に蓄積されていきます。

このような場合、本人は栄養を摂っているつもりで食べていても、体の中では異物となって血管壁に付着したり脂肪となって蓄積されていきます。

血液も汚れてきます。

このように人は 生きていくのに代謝酵素が必要ですが、酵素のない食事ばかりしていると体の中の酵素の生産がおいつかなくなります。

消化できない未消化分が増えてくると、ふくよかな体になってきたり病気になってきます。

ここで問題です。

食品から酵素を取り入れてあげると、消化を助けてくれます。
消化が助けられると、未消化分が少なくなります。

消化が完全にできるようになれば、ふくよかな体になることはありません。

代謝が上がり、基礎体温も上がってきて脂肪が燃焼されていきます。

ダイエットには、酵素がすごく大切です。

酵素とは、酵素ドリンクや生の野菜に果実・発酵食品には、酵素がいっぱい存在します。

1日3回の食事には、必ず食物酵素を食べましょう。

食前には酵素ドリンクを飲む、1食置き換えて酵素ドリンクを飲む。

発酵食品や生の野菜を必ず食事の前に食べる。

これだけのことで健康と体型を維持できます。

酵素ドリンクのいいところは、水筒やペットボトルに入れて持ち運びが簡単にできて、どこでも飲めることが便利です。

納豆や味噌汁など、持ち運びが大変だし、喉乾いたから味噌汁飲むのもおかしいものですね。

私は、無添加のこの酵素ジュースを持ち歩いていました。

|私の体験談

酵素ドリンクを飲むようにしてから、3か月だけ小麦粉(グルテンフリー)や動物性食品を控えて、植物性食品中心で発酵食品や食物繊維をしっかり食べるように心がけました。

ご飯は減らすことなく食べて、食間や食前に酵素ドリンクを飲んでやってみたところ。

1か月で3キロ・2か月目で+2キロ・3か月目で+2キロ減できました。
トータルで7キロです。

個人差がありますが、便秘の改善・化粧ののりが良くなった・朝の目覚め・疲れにくくなったなど個人的な感想です。

是非試してください。

-酵素とは
-, , , ,