紫の炎を人生に活かすための9つのステップ

 

1. 毎日、紫の炎を捧げる時間を確保する。

 


車の中、家事をしているとき、寝る前など、いつでもどこでも紫の炎の令を行うことができます。

実際、緊張したり、疲れたり、イライラしたりしたときには、いつでも紫の炎のマントラを繰り返すだけでも効果があります。

しかし、1日に少なくとも15分は中断せずに紫の炎の令をくだせば、紫色の炎から最大の恩恵を受けることができます。

 

礼拝堂や、明るくて清潔で空気が保たれた部屋など、精神的な仕事に専念する場所で発令するのが最善です。

不十分な照明、埃、淀んだ空気は精神的エネルギーの流れを妨げます。
あなたの祭壇の上にはロウソク、クリスタル、花、

そして、聖者、アセンデッドマスター、そしてあなたの愛する者たちの写真などを置くとよいでしょう。

 

2. 紫の炎のセッションを祈りから始める。

発令を始める前に、アセンデッド・マスター、天使、エレメンタルに助けを求める祈り、またはインヴォケーションを行います。

エレメンタルは、火、空気、水、地球の自然霊で、私たちの惑星の世話をする役目があります。

火のエレメントを表すエレメンタルはサラマンダー、空気のエレメントを表すエレメンタルはシルフ、水のエレメントを表すエレメンタルはウンディーネ、地のエレメントを表すエレメンタルはノームと呼ばれています。

 

彼らは、私たちのオーラと地球を紫の炎で浄化することを喜んで手伝ってくれます。

 

 

 

 

 

3. 紫の炎の使用の前に保護を起動する

 

大師は、あなたが祈ったり、オーラに光を引き寄せると、磁石のように闇も引き寄せられると教えています。

そのため、白と青の保護エネルギーでオーラを保護する必要があります。

これを行うための最良の方法の一つは、光の筒と大天使ミカエルへの保護の祈りを呼び出すことです。

毎朝、光の筒を発令し、必要に応じてそれを一日中繰り返します。

発令をするときには、あなたの上にある「I AM Presence」(神我)、「天上の神の存在」からの輝く白い光が、あなたの周りに侵入されない光の壁を形成している様子を思い浮かべてください。

大天使ミカエルへの祈りは、”大天使ミカエル、助けて!助けて!”というシンプルなもので構いません。第一光線の大天使として、大天使ミカエルは、信仰、保護、完璧さ、そして神の意志の資質を体現しています。

大天使ミカエルは個人的に私の命を救ってくれました。私が知っているだけでも十数回、おそらく私が知らないだけでも何千回も救ってくれているでしょう。

あなたが大天使ミカエルと彼の天使の軍団に呼びかけるとき、彼らはすぐにあなたの側にいることに気付きます。

ですから,あなたがたは,喜びと樂しみをもっておきなさい.あなたがたが大天使ミカエルとその配下の天使たちを呼び求めるとき,彼らがすぐにあなたがたの味方になることを知れ。

 

 

4. 紫の炎の令は前文から始める

発令の前文は、招待状のようなものです。その中で私たちは、紫の炎の存在、すなわちアセンデッドマスターや天使たちに、愛をこめて助けと導きを求めます。

私たちは通常、「愛する大いなる勝利の神の名において、内なる神、愛する聖なる神我の名において…」と言って発令し始め、お気に入りのマスターや聖人にも呼びかけます。

「I AM プレゼンス」と「聖なる神我」を通して彼らと繋がります。

I AM プレゼンスとは私たちの永久的で完璧な「神霊」です。

神我は、私たちのハイヤーセルフであり、内なる教師であり、私たちの魂を神との結合への道に導きます。

ここに、あなたが使ったり追加したりできる前文があります。

愛する大いなる勝利の神の臨在、私の中の神、そして私自身の最愛の神我の名において、私は最愛のサンジェルマンと第7光線の天使たちに呼びかけます。___________、お願いします。

私の呼びかけが倍増し、必要としているこの惑星のすべての魂を助けるために使われるようにお願いします。

私はあなたに感謝し、神の意志に従って、完全な力でこの時に行われることを知っています。

 

 

5. 最初はゆっくりと発令し、次に速度を上げて令文を繰り返し唱えてください。

 

最初に発令するときは、ゆっくりと慎重に繰り返すようにします。

一言一言に神への強い愛を込めてください。ゆっくりと令状を述べることには大きな力があります。

しかし、徐々にスピードを上げ、令状の調子を上げていくと、別の力が生まれてきます。

マーク・プロフェットは、この加速を電車に例えていました。最初は「チャグ・・・チャグ・・・」と言っていたのに、すぐに「チャグ・ア・チャグ・ア」、そして「チャグ・チャグ・チャグ」となります。スピードが上がれば上がるほど、効果も大きくなります。

発令の速度を上げると、自分の振動数を上げるのに効果的であることがわかるでしょう。

スピードを上げるのは人工的であってはなりません。自然に感じられるはずで、発令はほとんど自然に加速するはずです。

「紫の炎で世界を救おう!」のCDを聴いてみると正しい方法を聞くことができます。
 

 

 

6. スピリチュアルな活動を助けるために視覚化を利用する。

 

ほとんどの人は、肉眼では紫の炎の作用を見ることはできません。

しかし、目を閉じて眉間のエネルギーセンターに集中すると、内なる目で紫の炎が動いているのを「見る」ことができることがあります。

霊的な視覚を発達させた人にとって、紫の炎は、濃い藍色や鮮やかなアメジスト、紫ピンクなどの色をした火のように見えます。

この炎がカルマの残骸を燃やしているように見えるかもしれません。

その破片とは、電子ベルトから剥がれ落ちた木の塊やタール状の物質の塊で、炎の中でパチパチと音を立てているように想像するとよいでしょう。その破片は転がったり跳ねたりして、白い煙の中に消えていきます。

紫色の炎の令をいくつか覚えたら、目を閉じてこの視覚化を試してみてください。

 

紫の炎の柱

直径約6フィート(約2メートル)、高さ約9フィート(約3メートル)の紫色の炎の柱に囲まれている自分を見てください。

それはあなたの足の下からあなたの頭の上に十分に拡張することができます。

まるで映画を見ているかのように、紫の炎が浮かび上がってきます。炎は、紫、ピンク、バイオレットのさまざまな色合いであなたの周りに立ち上がり、脈動します。

この紫の炎の柱の周りには、あなたの光の筒が見えます。

これは紫の炎を保護し封印する、さらに大きな白い光の柱です。

発令をしている間、そして一日中、この視覚化を心に留めておいてください。意識する度に、このイメージを強化していきます。
 

7. 紫の炎を毎日使う

令を出すのに最適な時間は早朝です。朝一番に宣言すれば、一日がよりスムーズに進むことがわかります。

あなたが人生で取り組んでいる精神的、感情的、肉体的な問題を変換するための特定の要求をすることができます。

友人や恋人との関係に取り組むことができます。

 

 

8. 紫の炎を使用して過去世の記憶を癒す

紫の炎をしばらく使っていると、過去世を思い出してしまうことがあります。

過去の人生を思い出すことを軽視してはいけません。

意識すると、その人生のカルマ(プラスとマイナス)が表面に出てきます。

負のカルマはパンドラの箱のようなものです。その箱を開けてしまったら、腕まくりをして、人生に奉仕する時間を過ごし、毎日、紫の炎の天使に呼びかけて、カルマの残骸を変換したくなるでしょう。一つの過去世のカルマのバランスをとるために、紫の炎の令を集中的に6ヶ月間行うことも可能です。これは、サンジェルマンが私たちに与えてくれた偉大な贈り物です。

紫の炎を送ると、過去世の写真が頭の中に浮かぶかもしれません。

遥か昔の自分の姿が見えるかもしれません。あるいは、特定の時間や場所にいたような印象を受けるかもしれません。

もしその記録が苦痛を伴うものであれば、それはたいていあなたの魂が解決を求めているからであり、あなたは悲しみや後悔を感じるかもしれません。しかし、紫の炎の令を出すことで、過去のカルマの記録を変換していることを知っているので、解放された気分にもなるでしょう。

これらの記憶に気付いても、それを抑えようとしないでください。代わりに、あなたの心の中の光に注意を向けてください。記憶が紫の炎に包まれて、形が消えるまで想像してください。そして、その記憶を手放し、心の中で真っ白な太陽に置き換えてください。

前世のネガティブな記録を重荷に感じないことが大切です。私たちは皆、過去に間違いを犯しており、そうでなければ今の私たちは存在していません。自分を許し、前に進みましょう。自分がここにいて、紫の炎でその記録を消す機会があることに感謝しましょう。

一度始めたことは、続けてください。一歩踏み出せば、千里の道も一歩からです。紫の炎で前世の記録を変換するたびに、魂が解放されたという新しい感覚を得ることができます。そしてやがて、あなたは自分の魂の運命の舵をとっていることに気づくでしょう。

 

 

9. 発令の範囲を拡大して、あなたの家、あなたの近所、そして地球のカルマのゴミを掃除する

あなたは他人を助けるために紫の炎を発する練習として、自分のオーラを自分が会うすべての人が来て飲むことができる紫の炎の噴水として考えることができます。困っている人のために、いつも紫の炎を用意しておくように自分に言い聞かせてください。

紫の炎は、あなた自身のカルマを溶かすだけでなく、戦争や蓄積された不正などから来る集団や惑星のカルマも溶かすことができます。

紫の炎の令を使用すると、人々は様々な経験をします。何ヶ月も熱心に繰り返す人もいれば、発令が機能していることを確認できない人もいます。また、最初に口を開いたときに素晴らしい結果を得る人もいます。

自身のハイヤーセルフとの交信の中で、あなたの紫の炎の手順を行なうこともできます。

あなたの毎日の祈りや瞑想に紫の炎を加えることができます、それが何であれ。

私はあなたが、この奇跡の溶剤(神からの宇宙への最高の贈り物)で人生を変えた世界中の何千人もの人々の一人になる喜びを知ることを願っています。

 

 

この記事は、Elizabeth Clare Prophet著「Violet Flame to Heal Body Mind and Soul」から引用しています。

翻訳 Iruka

-スピリチュアル

関連記事

関連記事はありませんでした