mRNAワクチンを打った方

ファイザー・アストラゼネカワクチン

免疫が寅さんウイルスがDS

 

今回のテーマは、「mRNAワクチン」がどんなものなのか?

免疫とウイルスをわかりやすく免疫は寅さんDSはウイルス^^

寅さんがDSをやっつけるシステムです^^

風邪をひいた経験はみなさんあるとおもいます。

◆一般的には下記

外敵(風邪のウイルスや細菌)が体内に入ってくる。

ワーッとDSが入ってくると、体内でこれをやっつける寅さん(免疫)が戦います。
DS(細菌やウイルス)を寅さんがやっつけてくれる感じです。

寅さんは、DSをやっつけてくれる。

そしてDSの顔を覚えて写真にとっておきます。

DSの顔を覚えて写真をとっておくので次にDSが悪いことをすると寅さんがみつけやすいからです。

頭のいいQは考えました。

「DSの顔を覚える寅さんを作ろう」
「寅さんにDSの顔を覚えさせれば、早く退治できる」

DSを少しだけ体の中に入れて、顔を覚える寅さんをあらかじめ作っておこうと考えました。

これがワクチンです。

ワクチンはDSを少しだけ体の中に入れて寅さんに顔を覚えさせるのです。
すると、DS(ウイルスなど)が体の中に入ってきたときに、すぐにやっつけることができます。

ワクチンは、DSを少しだけ体の中に入れてあげることです。
すると寅さん(体の中の免疫)がDSの顔を覚えられます。

↓↓↓ウイルス↓↓↓

 

インフルエンザに一度罹ったら

インフルエンザウイルスの顔を寅さんが覚えているって感じです。

なので二回目に体の中にDSが侵入してきても、すぐにやっつけてくれるので罹らないでいられるのです。

 

正しくは、ワクチン打ってもインフルエンザに罹っています^^

 

mRNAワクチンとは

悪魔

「悪のDSの設計図を体の中に入れて、体の中でDSの顔を作成して寅さんに覚えさせること」

 

ロスチャやロックフェラ〇・ボロゲイツ・家スス会etcなどを。

 

いままでの生ワクチン、不活化ワクチンというのは
「DS(ウイルス)そのもの、あるいはDSの顔のみ」を体の中に入れて、寅さん(免疫)に覚えさせていました。

 

mRNAワクチンとは、DSではなく、DSの設計図「DSの全て」を体の中に入れるのです。

🙄

「mRNA」というのは、DSの設計図が載っている情報です。

これを体の中に入れます。
設計図をもとに、体の中でDSを作りあげるのです。


DSの顔を寅さんに顔を覚えさせることができます。

 

ホワイトハウスを思い描いてください。

The White House, Exterior, Pennsylvania Avenue, Washington DC, USA.

ホワイトハウスを建てるには「設計図」があってそれを基に大工さんが組み立てていきます。
その「設計図」に当たるものがmRNAです。

設計図を体の中に入れて、設計図を基にDSの顔を組み立てます。
そのDSの顔を寅さんに覚えてもらうというのがmRNAワクチンです。

 

以下はファイザー社の資料からの引用です。

「mRNAワクチンでは、ウイルスのたんぱく質を作る基になる情報の一部を注射します。

人の体の中で、この情報を基に、ウイルスのたんぱく質の一部が作られ、それに対する抗体などができることで、ウイルスに対する免疫ができます。」

 

まとめ メッセンジャーRNAワクチン

 

DS(ウイルス)が体の中で悪さをしないように寅さん(免疫)が働いてやっつけてくれます。

寅さんが犯人の顔を覚えていれば、次に悪いことをしようと侵入したときに、すぐにやっつけてくれます。

ワクチンは、DSの顔を寅さんが覚えてもらえるようにしたものです。

方法はいくつかあって

・DSそのものを(悪さしない状態にして)体の中に入れる方法の「生ワクチン」

・DSの顔だけ(いわば死体)を体の中に入れる方法の「不活化ワクチン」

・DSの設計図(mRNA)を体の中に入れる方法の「mRNAワクチン」

いずれの方法も寅さん(免疫)がDSの顔を覚えてもらうことが目的です。

これによって、DSが侵入してきたときにすぐに退治してくれるので病気にかからないようにするのです。

mRNAワクチンって聞くとなんだか難しいって思っていましたが

「なるほど、DSの設計図を体の中に入れてあげて

設計図からDSの顔を作成して、寅さんやに覚えてもらう方法のワクチンなんですよ」

 

◆正しいコロナウイルスとは

 

コロナウイルスや風邪とは

宿主内の環境が悪化した際、健康を崩した細胞から生じるのであり、微生物が健康な宿主に侵入して病気を生み出すことはない。

そして、微生物は不健康な細胞を減らしていく自然の清掃夫の役割を果たしていると捉えられている。

つまり体調不良を起こして、体内のB細胞やT細胞やNK細胞etcなどの免疫力によって体内の不要な細胞や微生物を攻撃して、そのカスが体から鼻水や痰・咳・尿や便から排泄されると言う事です。

これをアホのパスツールは、ウイルスと言った!

外から侵入することはないと言われている。

まず人間は人との交流と接触によって自然免疫が養われ、免疫力がアップするので、交流を絶って孤立させれば免疫力を失って簡単に発病する事は医学の常識です。^^

 

赤ちゃんが何でも口に入れるのがそれ!また赤ちゃんに一切ワクチンを打たなければ健康で大人に成長します。

コロナはこちらを詳しく読んでください。

 

◆mRNAワクチンの中身とは

 

サーズ・HIV・狂牛病・狂犬病・mRNA・コビット2・MRC-5・中絶胎児の細胞やDNA・酸化グラフェンなど

酸化グラフェンは、肉や食品の中にも入れられている5Gがあたると血栓ができる。

酸化グラフェンは、話題の血栓出来る物質です。

酸化グラフェンを破壊するものは、タバコと酒でグラフィンが壊れるから飲食店を閉店・時短営業させた。

 

mRNAワクチンは、免疫不全・スパイクタンパク増える 1.5年から症状がでる。

mRNAは死ぬまで存在するので、スパイクタンパクは死ぬまで体内で作られる。

また呼気、汗からでるので、ノーワクチソの方に感染するが、ワクチン打っていない人は、mRNAが存在しないので解毒すれば治る。

 

mRNAワクチンは完全にゾンビですね!

 

スパイクタンパクは、女性卵巣と子宮から出血が出る。
生理が上がってる人も症状が出る。

例えば子供の時に打った、三種混合は、免疫力が落ちた年寄りになったら帯状疱疹になる。

ワクチンほど恐ろしいものはない!

 

◆mRNAワクチンを打ってしまった場合

酸化グラフェンは、酒やタバコで破壊されるので適量酒を飲むかタバコを吸う。

スパイクタンパクに関しては、今のところ松葉茶がいいと言われているが永遠にのまないといけないだろうか!?

国産をオススメします中国産はやめましょう。

1.松葉茶

2.松葉茶 パウダーはオススメ国産が良い

もうすぐ174台国立病院で稼動される3種類のメドベットですが、現時点の情報では、

mRNAワクチンを打った方は遺伝子が変わってしまっているので元には戻らないと聞いておりますが、ワクチン打つ前の髪の毛とかツメとかDNAの元があれば修復できると!現在試しているようです^^

DNAの修復できない、RNAがDNAを壊してるからゾンビ状態だからもとに戻らないという見解です。

メドベットに期待したいですが、打たないほうがいいですね!

台湾の鴻海(ホンハイ)シャープですね、こちらで製造されているようです。

正しい情報ではない場合も有るので情報として整理しておいてください。

 

◆が〇について触れておきます!

〇んは、ワクチン打った方、食品の添加物などで発症される2種類あるようです。

が〇は感染性と食べ物から(添加物や薬剤)遺伝子が変わる
子宮頸〇んと前立腺が〇はワクチンからだそうです。

〇んは真菌真実があかされるでしょう!

杏子の種

日ごろから飲むようにしていますこれパウダー最高です

飲みやすいこちらもオススメです

梅干しの種は、噛んで全部食べるといいように思います。

結構硬いですよ!1日1個食べています、私は(小粒)です^^

健康第一です。

情報の1つとしてご判断くださいませ!

 

◆COVID-19 mRNAワクチンが働くしくみ

おまけ 真実はいかに?

COVID-19の表面にはスパイクタンパク質があります。
このスパイクタンパク質に対する抗体を生成できれば、免疫を誘発させることができます。
しかし、そのために、ウイルス全体を使用したくはありません

RNAと呼ばれるウイルスの遺伝子材料のうち、小さいタンパク質のみがスパイクタンパク質の形成に関する指示を出します。
このような指示がメッセンジャーRNA(mRNA)の鎖に転写されます

ワクチンの場合、この遺伝子材料(mRNA)を保護的脂質シェルに入れます。
mRNAはひじょうに壊れやすいため保護する必要があります。
脂質シェルは、細胞の周囲構造に似ています。

ワクチンを接種すると、ワクチン中の細胞はヒト細胞と融合し、スパクタンパク質形成指示体(mRNA)を放出します。
このmRNAは、細胞中でタンパク質が作られる場所(リボソーム)に進みます

細胞中のリボソームはmRNAのコードを読んで、それに従ってアミノ酸の鎖を編み、タンパク質を作ります。
このタンパク質が細胞から漏出し、スパイクを形成します

mRNAは体内で分解され、ワクチン接種を受けた人の遺伝子には組み込まれません

免疫系は、スパイクタンパク質を認識すると、それに反応して抗体を生成します。
この反応により副作用が生じることもあります

抗体はその後のウイルス曝露に備えて反応を「記憶」します。
この記憶があるため、-COVID-19に感染すると免疫が働きます

ワクチン接種の後に、発熱、悪寒、疲労、頭痛、関節の痛み/腫れなどの副作用が生じることがあります。
このワクチンには強い効き目がありますが、それは体にCOVID-19に対する防御の準備をさせるように働くということを意味します

最後までお読みいただきありがとうございます

-健康
-, , , , ,

関連記事

関連記事はありませんでした