美容とエストロゲンは関係が深い

美容とエストロゲンの関係

最近よく性感マッサージという文言をネットで目にします。

実は性感マッサージ&オーガズムに達する事には、女性にとって嬉しいことがございます。
美容と健康に大きな関係があったのです。

性感マッサージをしてオーガズムに達することで様々な影響が体にでるようです。

セックスレスでも性感マッサージをしてオーガズムに達することで女性ホルモンが分泌されます。

1)女性ホルモンが分泌され、美容効果が期待される。
2)焦らされることの快感を覚えられ、新しい快感や絶頂を味わうことができます。
3)受け身で任せていられるので、リラックス効果や癒し効果が倍増するようです。
4)ご自身が知らない全身の性感帯の新たな発見と、性感帯が開発がされます。
このことによって、セックスでの男女の行き違い等が少なくなります。
5)膣イキを覚えてしまうと幸福ホルモンが倍増する。
6)膣イキは、クリイキとは次元が違いすぎるほどの快感
性感マッサージでは、身体と心・リラックスと癒しを感じていただけるように、性感マッサージを行います。

膣イキは女性ホルモンが分泌されます。

■女性ホルモンは乳がんと関係があることをご存知ですか?

乳房の発育を支配するエストロゲンが乳がんの発生に深く関わっているようです。

エストロゲンの分泌量は30歳前にピークに達して、その後は次第に低下していきます。

さらに40歳代に入ると著しく低下して、やがて閉経を迎えますが、エストロゲンは別のルートから産生され続けます。

一般に、乳がんの最初の発生は40歳代に多いとされています。

「エストロゲンが急速に低下していく」年代ですが、分泌量が減る一方のエストロゲンを少しでも多く受け止めるために、乳管上皮細胞ではエストロゲン受容体(ER)が増えてきます。

この受容体と結びついたエストロゲンは細胞分化や細胞増殖を促す働きがあるため、乳がんの発症につながると考えられています。

一方で、体格の向上や食生活の高脂肪化により、日本女性の体内ではより多くのエストロゲンが分泌されるようになっています。

こうした状況で乳腺は、何らかの発がん刺激によって傷ついた細胞が、エストロゲンの影響を受けて増殖し、がん化しやすい状況だといえるのです。

加齢とともに乳腺は萎縮しますが、ERが発現した乳管上皮細胞は残っているため、いくつになっても乳がん発生の可能性があるといえるようです。

■女性ホルモンと更年期の関係

女性ホルモンは、脳の視床下部から脳下垂体へ、そして卵巣へと指令が伝えられ分泌されます。

この視床下部には自律神経をコントロールする働きもあるため、更年期に女性ホルモンが急激に減少すると、司令部の視床下部にも影響し自律神経も乱れてしまいます。

更年期の症状は、「女性ホルモンの低下」「生活環境(ストレス)」「その人の性格」の3つの要因がトリガーとなって起こりますが、その中には、自律神経の不調による症状が含まれます。

それはなぜだと思いますか?
まず、女性ホルモンの分泌量をつかさどっているのは、脳の視床下部と脳下垂体というところです。

特に視床下部は、血流、血圧、心拍、発汗、体温などに関わる自律神経や内分泌系、免疫系、感情などもコントロールする働きをしています。

ところが、閉経が近づくにつれて卵巣機能が低下し、女性ホルモンが減少してくると、脳はホルモンをなんとかして回復させようと頑張ってしまうのです。

視床下部から脳下垂体、そして卵巣という流れで、「もっとホルモンを出せ!」と命令を出します。

しかし、卵巣はもはやその指令に答えることができないので、脳は混乱し、暴走をはじめてしまいます。

その影響を受けて、自律神経のバランスや感情面、免疫系の働きなども一緒に乱れてしまうというわけです。

更年期の症状と自律神経失調症の症状がとてもよく似ているのは、こうした理由からです。
卵巣から女性ホルモンの分泌はあることで改善されるのでしょ?

■女性ホルモンと肺がんのリスクほんと?

タバコや大気汚染などと全く関係のない女性が、肺がんも増加しており、その原因として肺がん発症関連遺伝子の発現が女性に有意に高いことが挙げられます。

性を決定する遺伝子であるXXとXYの性染色体と、性ホルモンに関連した遺伝子の多く存在する常染色体とのバランスによって性差が形成されますが、性染色体では進化の過程で発達したX染色体が重要です。

このX染色体に存在し、がん増殖に関係するGRPR(gastrin releasing peptide receptor)という物質の発現が女性、とくに女性の非喫煙者や少量喫煙者で有意に高まっているというShriverらの報告に私たちは注目しています。

さらにエストロゲン受容体などのホルモン受容体の数や親和性には性差があることがわかっており、エストロゲンレセプターの発現の差などが肺がんの性差に関係しているのではないかといわれています。

閉経が早い女性では肺腺がんの発症が少ないが、逆にエストロゲン補充療法を受けている女性では肺腺がんの発症が多いことが知られています。

Taioliらは、エストロゲン補充療法を受けている喫煙女性は、非喫煙女性の32倍、肺腺がんが発症していたと報告しています。

■女性ホルモンと肌の関係


「女性ホルモン」と「肌」は切っても切れない関係。
女性ホルモンのバランスを整えることが美肌への近道です。
女性ホルモン「エストロゲン」には、肌の弾力を保つコラーゲンや水分量を増やす働きがあり、肌の若さを保つといわれます。
エストロゲンは卵巣から分泌されますが、卵巣機能は30歳代後半から衰え始めるため、エストロゲンの分泌量も徐々に減少します。
そして、閉経前後の更年期に入ると急激に減少し、肌トラブルが生じやすくなります。
更年期の肌トラブルを引き起こす原因とメカニズム

更年期の主な肌トラブルは、シミ、シワ、たるみです。
更年期にできるシミには、長年の紫外線曝露が原因となる老人性色素斑と、女性ホルモンの乱れが原因とされる肝斑があります。
シワは、エストロゲンの減少に伴って、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンの弾力性と量が失われることで生じます。
また、紫外線によるダメージや活性酸素による老化もシワの原因になります。
たるみが生じる原因も、シワと同じですが、シワは加齢によるダメージが表皮や真皮に留まるのに対し、たるみはそれよりも深い皮下組織や筋肉までダメージを受けることで生じます。

■女性ホルモンとコレステロールの関係

閉経することで卵巣機能が低下し女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少すると、(悪玉)コレステロールが上昇しやすくなると言われています。
更年期の女性は悪玉コレステロールが多い?
脂質異常症のうち、更年期の女性に多いのが「高LDLコレステロール血症」です。
いわゆる悪玉コレステロールが増えてしまった状態ですね。
同時に肥満気味の方には「高トリグリセライド(中性脂肪)血症」も多い。
実はこの悪玉コレステロールの値と、女性ホルモン「エストロゲン」の値には深い関係があることがわかってきました。
女性のLDLコレステロール急上昇時期はエストロゲンの急降下時期(更年期)と見事に一致しているのです。
エストロゲンはLDLコレステロールが過不足なく円滑に働くためのサポーターだったのです。
このサポートのおかげで、若い女性は男性よりも脂質異常を発症することが少なかったのです。
エストロゲンの助けがなくなると、肝臓はLDLコレステロールをどんどん作って血液に送り出し始めます。
そのくせ、戻ってくるLDLコレステロールを受け入れる方の間口は狭くしてしまうらしいのです。
当然、出て行ったものの行き場のないLDLコレステロールが血液中に増えてくるわけです。
女性の場合、閉経したら最後、LDLコレステロールは勝手に上昇すると思った方がよいのです。
血液検査の際にはぜひ女性ホルモンもチェックし、更年期が始まっているようなら食生活や生活習慣を見直して脂質異常症にならないよう備えましょう。

このような事で、セックスレスになったご夫婦や閉経後の女性にもオススメしたいのが、女性ホルモンを分泌させるです。

セックスレスでも性感マッサージをして膣イキすることで女性ホルモンが分泌されます。

-美容痩身
-, , ,

関連記事

1週間で便秘改善をするための食品!

1週間で便秘改善をするための食品! 一週間便が出ないのは当たり前、もう10年以上便秘に悩んでいました。 食物繊維や発酵食品を食べないとダメと、よく言われていますが現実問題どうなんでしょうか? 検証して …